土地らしさを感じるデザイン

PACKAGE DESIGN

新潟県上越市安塚区にある道の駅「雪だるま物産館」には、地元農家が作った野菜や米、名産のお菓子や酒など、この土地ならではの産物が並びます。地元のお母さんが手作りする笹団子や雪室もあり、安塚らしさに触れることができる場となっています。パッケージシールのお話をいただき、どうしたら安塚らしさを表現できるか考えました。安塚の豊かな自然や人々のあたたかさを伝えられると考え、手描きのイラストで表現することにしました。イラストをよく見ると、笹だんごパッケージには笹の葉やよもぎ、しっとりもちには名物の山菜や稲穂、雪だるまがいたりと細かな部分までこだわりました。このシールが安塚に訪れた方の思い出の1つになるとうれしいです。(デザイナー:藤田)

制作ツール:パッケージシール
ゆきだるま物産館:https://www.461888.jp/

パッケージシール
安塚の笹団子は、農家のお母さんが手作りし、田舎体験で訪れた子どもや観光客に人気の特産品。元気なお母さんや子どもたちが愉快に踊るイラストで、楽しさや里山の和やかさを表現しています。春、菱ヶ岳の雪解けとともに現れる「跳ね馬」も描いています。安塚では昔からこの跳ね馬を見て、作物の出来を占っていたそうです。

パッケージシール
初めてしっとりもちを食べた時に感じた「しっとりとした上品な食感と雪国らしさ」をデザインしています。四季のモチーフと温かい色でやさしくまとめました。

パッケージシール