新しいカタチの結婚式

WEDDING PRODUCE

「せっかく結婚式を挙げるなら一般的なパッケージ化されたものではなく、私たちらしく“新しいカタチの結婚式”をしたい」そんな新郎新婦の想いを受けた私たちは、2017年6月上旬に潟マルシェの会場でもある「ユスリカの森」を式場とした「鳥屋野潟ウエディング」を提案しました。各ツールのデザイン、二人の新たな船出を祝うカヌーでのパフォーマンス、お花の演出などのトータルプロデュースをし、無事式を成功させました。新郎新婦が地域の皆様やお世話になった方々をお招きしての結婚式。実は鳥屋野潟畔での結婚式というのは、80年ほど前まではメジャーだったそうです。
ある人にとってはいつものお散歩コースかもしれない、またある人にとっては普段気にも留めないただの広場かもしれない、そんな場所に「ユスリカの森」という名前をつけ、新しい使い方次第で今までとは全く別の空間に変わる。新しい表情を見せてくれる。「ユスリカの森」という場の価値や、可能性を再認識しました。
その後、カーブドッチとやので行われた披露宴。テーブルを飾る座席表やネームカード、引き出物のワインラベルなどもデザイン。後日、撮影写真でフォトブックも制作し、それを見返したとき鳥屋野潟とユスリカの森の美しさに改めて気がつきました。県外のゲストからも「新潟って素敵なところがあるんだね」との声がありました。