山の恵みを授かる小さな集落の暮らし

BRANDING DESIGN

新潟県小千谷市、その中心街から車で山道を登ること約15分ほどの場所、標高200mの山間にぽつんと現れる若栃集落。まつりや踊り、花火などの文化が暮らしに根づき、代々受け継がれてきた棚田を大切に守り、山の恵みを享受しながらの暮らしがあります。集落の農業を維持するため、地元農家の共同出資で設立されたのが(株)Mt.ファームわかとち。そこでは若栃で作られた魚沼コシヒカリや味噌、餅の生産・販売、また地元で採れる山菜や野菜の加工・販売を行っています。また、グリーンツーリズムや、田植え・収穫体験、花火大会などの活動を地域で積極的に行っています。その様々な取り組みからは、地元を守っていく意志と強さを感じます。若栃産の作物や加工品の良さ、そして暮らしの豊かさを伝えるデザインで、私たちも若栃の挑戦を後押しできればと考えました。

お漬物のパッケージデザインは、「ふきのとうの酢味噌和え」「山菜のしょうゆ漬け」「ぱりっこ胡瓜」「菊みだれ」「山うどの油炒め」の5種。保存料・着色料を一切使用せず、懐かしい味を感じる美味しいお漬物です。若栃の空気を感じられるよう、土地の素材を手描きのイラストで表現し、色使いなどで人の温かさや商品への愛情を感じられるものにしました。若栃で暮らす皆さんが、丹精込めて、愛情を込めて育てた野菜だということをどうしたら表現できるかと考えて、現地を訪れた際に撮影した写真を見ながらほとんど一発で描き上げました。商品の質感を邪魔せず、より引き立てることができるよう意識ししました。
パンフレットは、わかとちで作られる農産物や商品を紹介する役割を果たしつつも、地元のものを使った普段の食卓を囲みながら聞こえてくる笑い声や話し声、人々の唄や踊り、お祭りや季節ごとの催し物などと絡めてわかとちの集落での営みの温かさを見せることに重点を置きました。自然な笑顔が素敵だったので、地元の皆さんのお写真もたくさん載せさせていただきました。(担当デザイナー:村山)

制作ツール:ロゴ、お漬物パッケージ、フライヤー、米袋、パンフレット
Facebook:https://www.facebook.com/Wakatochi/
ネットショップ:https://wakatochi.thebase.in/

ロゴデザイン

お漬物パッケージ

パンフレット